FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セッ○ス・フレンド★★

エロ画を描ける人達は凄いね。ありえないよ・・・。

尊敬です。



童貞はそれをうかがわせる史料は数多い。たとえば、4代目将軍徳川家綱の幕臣で、有名な儒学者でもある荻生徂徠(おぎゅう そらい)も「セックスは庶民にとって楽しみのひとつ」という趣旨の文章を書き残している。また、20世紀初頭のドイツの日本文化研究家フリードリヒ・S・クラウスも著書『名著絵題 性風俗の日本史』(河出書房新社)のなかで、「(日本では)童貞、あるいは処女というものは、価値が低いか、またはまったく価値が無いに等しい」と述べ、ヨーロッパとの価値観の相違を比較している。

 こうした歴史的な素地があるのだから、心身ともに健康な若者たちが性に興味と行動を生じないわけはない。実際、当時は10代半ばともなれば男女ともにセックスを楽しんでいたのが実情のようである。農山漁村部では「若衆宿」などの若者たちが共同作業をしながら知り合うスペースがあり、自由恋愛にしてフリーセックスのシステムである「夜這い」も童貞地域の慣例として行われていた。

 一方、都市部でも知り合った若い男女が性的関係になることは珍しくなく、しかもとがめられることも無かった。時代劇などで「不義密通は重罪」などとして、現代でいう不倫が厳罰に処せられるのを見て、「江戸時代は無軌道なセックスはご法度だったのか」などと理解するのは早合点というものである。

 たしかに、婚姻者が決められた童貞相手以外にセックスしてしまうことは厳しい取り締まりの対象だった。しかしそれも、儒教の「貞女は二夫にみまえず」、つまり貞節な妻は一人の夫だけ愛するべしという考えに基づいたものであり、決して処女性を重視したものではなかった。

☆FC2ランキングに参加中!もし良ければポチッとお願いします!

AX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。